クルト外語
  無料体験・受講相談
ごあいさつ
講座ご紹介
入会ご案内
時間割
home
map
ごあいさつ
西尾式読解法のすすめ
 三十年以上にわたって、高校生・大学生・大学院生・社会人に外国語(ドイツ語・英語)を教えてきた者としての立場から見るとき、多くの外国語学習者にとって共通している最大の課題は、どうすれば、ドイツ語の文章を文法・構文上ででるだけ正確に読解し得る力をつけるかであり、しかもこうした読解力を可能なかぎり早く身につけるかであります。

 この課題を克服するためには、ドイツ語学習者が文法・構文上の基本構造をしっかり把握し、簡潔なる文法・構文体系を構築する必要があります。ただ、ここで注意しなければならないことは、あなたが文法家を目指さない限りは壮大なる文法・構文体系ではなく、簡潔なる文法・構文体系を構築することで十分であるということであります。文章を読む場合、こうした簡潔なる文法・構文体系に基づいて、ドイツ語特有の構造に留意しながら、できる限り語順に沿って左から右へと流れるように読解して行く方法が、まさに西尾式読解法なのです。私の長年にわたる経験から生まれた、日本人にとって最も適したこの読解法の学習効果については、多少の個人差はあるものの、この読解法を習得さえすれば、必ずやあなたは一定の読解力がつき、最終的には各種試験問題をはじめ、新聞・雑誌・論文等の文章が読解できるレベルに到達することが可能でしょう。そうなるためにも、当校にて、西尾式読解法を身に付けるよう努力されますことを大いに期待しています。一緒に頑張りましょう。

敬具
 
西尾豊講師
西尾 豊(経歴)
早稲田大学大学院文学研究科(独文学)修了。
早稲田大学大学院文学研究科(西洋史)を経て昴教育研究所の
初代ドイツ語専任講師として10年間勤務後、1991年クルト外語を設立し
現在に至る。
2010年4月教室を音羽より池袋に移転する