クルト外語
  無料体験・受講相談
ごあいさつ
講座ご紹介
入会ご案内
時間割
home
map
合格者の声
2017年度大学受験一般入試 - 明治大学法学部、独検2級 合格
構造に重点を置いて教えて頂けたので1年間だけでしたが、辞書さえあれば大体の文は読めるようになりました。授業の最後にやる小テストは、私大の独文和訳問題対策に大いに役立ちました
ドイツ語力を短期間で向上させるに最善の授業だと思います。

2017年度大学受験一般入試 -
早稲田大学教育学部、立教大学社会学部、青山学院大学文学部、法政大学法学部 合格

私はドイツ語を読む上で文が複雑になるとわからない単語を全て調べても文意が掴めずにどうしても理解できないという悩みを抱えていました。
しかし、クルト外語で読み方を教えて頂いてから文の構造がどんどん見えるようになり、文章が複雑でも少しずつ正確に読み解く事ができるようになりました。
私には留学経験があり、長くドイツ語に触れてきたのですが、それでも西尾先生の授業では「初めて知った!」や「ずっと勘違いしていた!」など新しい発見の連続で長年の疑問が解消されていくことに毎回感動していました。
今までどれだけ頑張ってもなかなか読めるようにならなかったドイツ語が好きになれなかったのですが、西尾先生のおかげでドイツ語を読む事がおもしろくなって、これからも続けようと思うようになりました。
本当にありがとうございました。今後もドイツ語を頑張ります!

法政大学大学院人文科学哲学専攻 合格
試験の5カ月前まではドイツ語を一切学んだ事がありませんでした。
絶望しながらも勉強して、合格する可能性にかけて、藁をもつかむ思いでクルト外語を訪れました。
ここに来る事で設計図を手に入れる事ができ、あとは最大限の努力をし続けることで合格できました。
合格のためには何から手をつけ、どんな材料を集めるべきかさえわからなかった私に、最速で最良のメソッドを与えてもらえた。
自分の努力さえ持ってくれば成功できます。しかも無駄な努力はせずに済みます。

  
早稲田大学大学院 文学研究科英文学コース 合格
大学で3年間、ドイツ語を学んでいたので、文法を復讐し、単語等覚える必要があるものを、覚えれば和訳できると思っていました。実際に和訳してみるとどのように訳せばよいのか分かりませんでした。
試験の約1カ月半前から通い始めましたが、独文をどのように読んでいけばよいのか、また何に注目しなくてはならないのかがはっきりと分かった上で試験に臨むことができました。

  
金沢大学 人間社会学域国際学類 合格
私は遠方から通うということもあり、受けることが可能な授業とそうでない授業に分かれてしまい、できた穴を潰していくことがとても難しかったです。
しかし西尾先生のきめ細かい授業を通して、感覚で読んでいたドイツ語をより文法的に直訳することがなく読解することが可能となりました。
この先もこの方法を意識してドイツ語に楽しみを持ちながら学んでいこうと思います。ありがとうございました。

  
上智大学 法学部国際関係法学科 合格
授業全体を通して格や分構造の意識が高まり、ドイツ語を学ぶことがより楽しくなりました
本番の入試でドイツ語を使う機会は残念ながらほどんどありませんでしたが、私の学力を以前に比べはるかに高めていただいたと思います。
短い間でしたが本当にありがとうございました。

  
東京大学文科V類、早稲田大学文化構想学部・文学部、慶應大学文学部、国際基督教大学教養学部 合格
1年半という短い期間で、ドイツ語の基礎を身に付けることができ、自分の希望通りの結果を出せました。西尾先生には、本当に感謝しています。
大学に入っても努力を怠らず、自分の能力を伸ばし、クルト外語に恩返しできるよう精進していきたいと思っています。

  
明治大学政治経済学部、学習院大学経済学部 合格
以前は独学でドイツ語をやっていて、多言語との比較や難解な参考書にあたることで或る程度のレヴェルまで到達させようと、かなりの時間をさいていました。

クルト外語では、既に体系化された方法論を教えてもらえたので、断片的知識というよりは、論理的思考力が養成されたように思えます。
受講した今では、構造的な応用力がきくようになり、全西洋語も怖くなくなりました。

  
早稲田大学文学部、明治大学、中央大学、立教大学、学習院大学、獨協大学、日本大学 合格
最初はなかなか長文が読めずに苦労していましたが、動詞に線を引いたり、前置詞を丸で囲んだりして構文が捉えられるようになると、だんだんと文章が理解できるようになりました。

英語と違ってドイツ語は構造を理解する事が大切だということが分かりました。クルトではその構造についてしっかり学べたので良かったです。

  
一橋大学社会学部、早稲田大学政治経済学部・法学部、中央大学法学部、明治大学政治経済学部 合格
クルト外語には、ドイツから帰国後ドイツ語受験対策を調べていて出会いました。
最初はどのようなものかおっかなびっくりでしたが、授業を聞いてとても分かり易くドイツ語ができた事に驚きました。

授業中は先生の社会問題などについてのお話もあり政経選択の自分としては、多方面に造詣を深めることができました。また、授業の質の高さだけではなく、西尾先生独自制作の教材も非常に分かりやすく体系化されており、市販の良質の参考書が無い中で大きな助けとなりセンターに必須の多くの熟語も覚えることができました。過去問添削も分かり易くなされており、自分の弱点が見つかりました。

クルト外語なしにはこの受験を成功させる事はできなかったと思います。先生方、半年間という短い間ですが本当にお世話になりました。本当にありがとうございました。これからも何かの折にはクルト外語に立ち寄らせて頂きたいと思います。

  
慶應義塾大学法学部、上智大学法学部、早稲田大学法学部、中央大学法学部 合格
いままで語順に特に気を遣っていなかった私にとって、西尾先生のドイツ語読解法・西尾式読解法は、私のドイツ語読解能力を確固たるものとしてくれました。シンプルでありながら一番大切なことを学びました。

ついつい単語量の増大のみに力が入りがちな外国語ですが 西尾先生の帰納的・集約的な説明は一切ぶれることがなく、より効率良くドイツ語を学ぶことができました。

  
東京大学大学院、一橋大学大学院、慶應大学大学院 合格
私は入塾当時既に大学のドイツ語学科で三年半ドイツ語を学んでいました。
大学で学ぶのであれば、すぐにドイツ語をマスターできるだろうと考えていたのですが、実際はそう簡単ではありませんでした。途中までは順調に理解できても、ある段階から急にドイツ語の理解が難しくなってくるのです。具体的に言えば、現在のドイツ語検定の2級と準1級の間のレヴェルからです。この段階になると、文章の構造は非常に複雑になってきます。
私のドイツ語が伸び悩んだのは、一般に言われているような、「読めば良い」という意識、所謂「フィーリング」だけで理解しようとしていたことが原因です。これはすなわち文法の軽視です。(略)

西尾先生の授業は、こうした文法の正確な理解に基づいたドイツ語の構造の把握を第Tの目標としています。実際の授業でも単語一語一語の結びつきや、ドイツ語の大きな特徴である関連語を豊富な用例で丁寧に解説してくれることも構造理解という目標に適っています。また、読解テキストはドイツの週刊誌“Spiegel”から採用するなど現代の生きたドイツ語を学ぶのにも適しています。(略)

これから、大学・大学院のドイツ語での受験を目指す方や、ドイツ語に伸び悩んでいる方、またドイツ語の実力のある方も、ドイツ語の構造をより深く正確に理解するためにも受講をお勧めします。